城南SCCの戦略

いよいよ明日は日本初のSCC(スピードカードだけの大会)が開催されます!

人数は小規模ですが、日本初ということでどうなるのか分からず、楽しみですね~

 

基本的に楽しむスタイルで行きます。

 

SCCは今までの記憶の大会と違って、平均記録というのが出るので、どういうタイムを狙っていくか戦略が重要になってきます。今回はその戦略を決めたいなと思います。

 

与件の整理をすると、スピードカードを5回やって、1番良いスコアが「単発記録」、最高と最低記録を除いた3回の平均スコアが「平均記録」として残ります。

5分以内で覚えても、パーフェクトでなければ、平均記録を出す際には300秒として扱われてしまいます。

この単発記録と平均記録の2つの記録で順位・日本ランキングが決まるようです。

また、記録に応じてSランクやAランクなどランクも出るようなので、目標になりそうです。

 

面白いですね!バランスの良いルールだと思います。初心者にも上級者にも優しい。

 

このルール、失敗を2回してしまうと、必ず300秒を平均に入れなくてはならず、かなり低い平均記録になってしまうんですね、、、

なので、「単発記録を狙う」か「平均記録を狙う」かを決めるのが大きな戦略の分かれ目になりそうです。また、SやAランクをどれだけ狙うかも指針になります。

 

例えば、単発記録で良いのを出したい人は5回の挑戦全てで攻めることができますが、平均記録狙いの人は4回は成功させないといけないので守りが重要になります。

これを踏まえた上で戦略を練ります。

 

まず大きな目標として、「何かしらの日本記録は残したい」というのがあります。単発か平均かはどちらでも良いです。ランクはほぼ気にしません。

そして僕の特徴としては、「どちらかと言うと守りの方が得意」です。9割成功させつつも比較的良いタイムを出す、8割成功させつつも自己ベストに近いタイムを出すという調整ができるのが強みだと思っています。

となると平均で良い記録を残す方が理に適っている気がしますが、問題なのは平均記録を残そうとしてもぶれてしまうこと。どれほど守ろうとしても4回成功させるのは結構難しいです。

 

そこで、まず基本は「単発記録狙い」にしつつも、平均記録がちゃんと出るように攻めすぎないようにしたいと思います。

 

1回目・2回目は守りに向いている場所を使って、9割の確率で成功させます。

目標タイムは48秒、50秒です。

3回目は普段スピードカードで使っている割と攻めに得意な場所で、8割成功くらいでしょうか。ただ、疲労も来ると思うので50秒目標です。

ここから分岐します。使う場所は全て同じです。

a. ここまで全部成功してきた場合、次は8割成功で最高記録を目指します。1番得意な場所を使います。目標は45秒を切ること。

b. ここまで1回ミスだった場合、次はやや守りで、9割成功60秒を目指します。

c. ここまで2回ミスだった場合、次は攻めで、5割成功43秒。

d. ここまで3回ミスだった場合、守りで9割成功60秒。

最後はこれまでの記録によります。

4回成功してたら基本攻めで、単発記録を狙います。

3回なら守りで、平均記録がちゃんと残るようにします。

2回か1回なら攻めで単発記録。

0回なら単発記録を出すために守って絶対成功させます。

 

これで単発記録を狙いつつも、状況によって平均記録も出せるという状況になりますね。

後は本番の体調や相手選手によっても変わりそうです。

臨機応変に楽しみます!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です