○○への応用について思うこと.1

Twitterにも載せた文章とほぼ同じものを載せておきます。一番伝えたいことは「応用する前にメモリーリーグで楽しみつつ鍛えてからやろう」です。

 

【よくある質問】
・○○にどうやって記憶術を使えば良いですか?
個別に答えるとキリがないので、汎用性があるやり方をお伝えします。端的に言うと「場所法で教科書等をまとめて覚える」です。

やり方
①覚えたい文章や教科書からキーワードを抜き出す
②キーワードを場所法でまとめて覚える
③適当なタイミングで場所を辿って復習する

以上。
①で抜き出すのを、1文から4単語とかにすればスピーチをほぼ暗唱できるレベルに細かく覚えられるし、1章から1単語にすれば本の要約を大まかに覚えられます。各々調節してください。
②の時に、専門用語や英単語などイメージしにくいものはタグ付け法を使って知っている言葉にリンクさせてください。
③はやればやるほど長期記憶に残ります。長期記憶にしたい時は同じ場所をずっと使って、忘れても良い記憶は上書きしてください。

これをやればどんな単元だろうと記憶できます。
ただ、効果は記憶術をどれだけ上手に使えるかによります。

個人的な意見ですが、記憶術を手段だけにしようとすると挫折します。一回目的にして欲しいです。
場所法やタグ付け法を身に着ける時は、いきなり応用するんじゃなくて、まずはメモリースポーツで出てくるような単語の羅列やイメージ、トランプで記憶する感覚を掴まないと、実践では使えません。
記憶術を学びたい入り口は自由ですが、記憶自体を楽しむフェイズが無いと覚えられないというのが持論です。

そして僕は記憶術を手段にすることに興味が無いので、応用法についてのアドバイスがあまりできません。申し訳ない。
ただ上記のやり方で大学の複数の科目で満点を取れたので効果はあると思います。でもそれは記憶術をメモリースポーツで鍛えたからであって、最初からいきなりできるってことはあり得ないと思います。

とりあえずメモリーリーグで何回もゲーム感覚で、単語の羅列や写真の順番を場所法で覚える感覚を掴むことを強く推奨します

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です