韓国選手権の結果と反省

8/25, 26に韓国で大会に参加してきました!

昨日日本に帰ってきて、一息ついたので結果の振り返りと反省をします!

 

それぞれの種目ごとに振り返ります。

 

①顔と名前

最初に行われたのは顔と名前でした。事前の練習で38を出していて、手応えも良かったので40を狙っていました。合計48個分くらい覚えて、結果は31でした。自己ベスト&日本記録が33なので、まぁまぁと言ったらまぁまぁなのですが、満足いく結果とは言えませんでした…。

伸ばす棒や濁音などを全部しっかり覚え分けないといけません。顔と名前は練習がしにくく、「逃げてしまって」ポテンシャルに任せるきらいがあるので良くないですね。メモリーリーグの顔と名前でも練習にはなると思うのでやりまくりたいと思います。

 

②バイナリー

正直480桁行けば良いかなぁと思っていたのですが、本番はスラスラ進むことができて、534桁まで覚えられました。リコールで少し怪しいところがあり、結果は504桁となりましたが、自己ベストです。練習でも出したことのない記録だったのでこれは満足です!しかし、534桁覚えていれば日本記録だったので、少し悔しさは残りました。

 

顔と名前とバイナリーはだいたいどの大会でも序盤に行われるので、ここの手応えが良いと調子が上がってくると思います。バイナリーは特に対策次第で点数を大きく伸ばせるので、単なる1種目以上の影響があると思っています。

 

③イメージ

練習をほとんどしていなかったのですが、正確さを重視して、300は見る目標で臨みました。結果は261個で日本記録を出しました!285個見て、結構リコールに自信があったので、日本記録は出るだろうと思っていましたが、結果を見てホッとしました。単独の日本記録を出したのは久しぶりだったので嬉しいです。もっと慣れて、大会参加を重ねれば300以上は出せそうです。しばらく日本記録を守り抜きたいと思います。

この種目が一番の見せ所でした。

 

④スピードナンバー

1回目が216桁見て、結果が174桁、2回目が208桁見て、結果が188桁でした。良い方のスコアが採られるので188でした。低い…。1年半前の記録より低いですね、成長していないです。メモリーリーグや練習では結構伸びていて、変換のスピードも早くなっていたので240桁はいけると思っていましたが、全然ダメでした。イメージが重いのか、場所が悪いのか。スピードナンバーはスピードカードと同様に基本中の基本なのでもっと大切にしないといけないですね。数字に関してはこれから大きく作戦を変えていこうと思うので、必ず克服していきます。

 

⑤歴史

44でした。ひどい。目標では60は行きたかったので、75くらい見れるといいなと思っていましたが、40見た時点で残り時間が全然残っておらず、焦って60まで何とか見たという感じです。リコールがぼろぼろでした。焦って雑なイメージを残しても全く意味がありませんね。特に「単品採点種目」では雑に覚えても何とかなるだろと思って、正確性を欠きがちですが、逆効果です。着実にイメージに残して53くらいで止めとけばよかった。うーん、どうしたものか。自己ベストにも程遠い結果になってしまいました。ここらへんから脳が重くなったというか、スタミナが切れてきたようにも思います。

 

⑥10分カード

4パック+1枚覚えて、結果は3パック+1枚でした。覚えているときは時間配分もうまくいき、4パックは固いなと思いましたが、リコールでびっくりするくらい3パック目がでてきませんでした。いつもはでてこないと言ってもせいぜい数か所のプレイスがイメージできない、というものだったのですが、今回は半分以上うまく思い出せず、非常に苦労しました。しかも3パック目が思い出せないというのは練習でもなかったことなので、謎です。場所とのイメージ付けが良くなかったのでしょうか…。それでも3パックは守り切ったので及第点ですかね。でもダメです。

 

⑦単語

1番気合を入れて臨みました。が、いざ覚えようとして、問題を見ると、今年のジャパンオープンと全く同じ単語が並んでいました。パニックになりながらも、これはどうせ後でやり直しになるだろう、いやでももしかしたらこのままいくかもしれないと悩みながら、今できることはできるだけ覚えることだと思って、必死に覚えました。結果は70個覚えることができたのですが、終わっても周りの選手は何も言っていません。日本人選手と話し合って、日本語の問題だけ、ジャパンオープンと同じ問題に差し代わっていたということが分かりました。

審判と話した結果、日本人選手だけ残って新しい問題でやり直すということでした。しかも15分後。慌てて片づけた筆記用具やイヤホンを出して対応しようとしますが、一番の問題が発生しました。それは「場所がない」ということです。今までナショナルルールの大会しか参加したことがないので、そもそもそんなに場所がないのです。自分の場合、単語であれば40プレイスは必要です。しかも単語は後からリコールするときに場所から思い出すしかないので、かなり得意な場所でないと使えません。急遽スピードナンバー1回目で使った場所をもう一度使うことにしました。直前まで何度も場所を復習して、2回目に臨んだのですが、結果は散々でした。ハプニングに対応してやると思って76個まで覚えたのですが、リコールで全然イメージが出てこず、結果は18でした。自己最低記録です。

 

1日目が終わり、ホテルで振り返って、結構落ち込みました。単語は60で復習して、確実に60を出しておけばよかった、違う場所を使えばよかった、など思考がぐるぐるしました。疲れてすぐ寝れました。シャワーは熱かったです。

 

⑧15分ナンバー

2日目最初の種目は15分ナンバーです。昨日のスコアを踏まえて、もう4200点を出すのは厳しいということが分かりました。なのでここは攻めて、488桁以上覚えて日本記録を超えようと考えました。

しかし、覚え始めてみても、なかなかイメージが入ってこず、これは良くないという不安がよぎりました。400桁で復習して確実に守るか、480桁まで進んで攻めるかという選択をしなければいけなくなったとき、攻める方を選んでしまいました。ここは確実に守るところでした。

リコールになると、400桁以降はスラスラ出てきたのですが、序盤が全く思い出せず、結果は176桁とひどい結果に。スピードナンバーより低いとは笑えたものです。この時点でジャパンオープンのスコアも越せないのは確実になりました。

 

⑨スポークンナンバー

練習で一番力を入れてきて、本番で確実に100桁以上を出していこうと狙っていた種目です。しかし、思うほどスピードについていけず、結果は40桁とひどいものに。メンタルがやられていきます。120桁出していれば全体の3位に入れたらしいのですが…。全然全然ダメですね。落ち着けば落ち着こうとするほど欲が出て空回りしています。

 

⑩スピードナンバー

1回目で54秒を出します。今までの結果からすればまずまずの結果。本番では自己ベストです。

2回目は48秒で覚えたのですが、後半イメージが雑になりすぎてリコールはさっぱり。失敗しました。無理して早く覚えようとしすぎて、タイムのことばかり気にしていたのが原因です。

良くない流れのなか54秒を出せたのはまぁまぁよくやったかなという感じです。練習のタイムからすればひどいですが。

 

 

これで10種目が終わり、結果は3443点でした。ジャパンオープンより300点くらい低いですね。

せっかくイメージで大幅に点数を上げられたのに、単語と15分ナンバーで100点台を出したせいで、かなり低い点数に終わってしまいました。今までで一番後味の悪い大会となってしまいました。

 

海外遠征は時間もお金もかかるので、良い結果を出さないと日本の大会以上にショックが大きいです。この経験を無駄にしないようにしっかりとスキルアップしていきたいと思います。

今回の反省を踏まえて、次の東京フレンドリーや世界大会に向けて、やるべきことを考えました。

 

①場所を増やす

単語のハプニングに対応できなかった一番の原因は、得意な場所が足りなかったことと、場所を特定の種目に限定しすぎて練習していたということです。まず、そもそも僕のシステムは場所の消費を抑える記憶術を使っている(8桁で1プレイス、4枚で1プレイス)ので、場所が少ないです。世界大会に出場するにはもっとたくさんの場所が必要になります。しかも、この場所は数字だけ、この場所はトランプにしか使わないとやっていたので、臨機応変に対応できないという事態になっていました。もっと色んな場所、特に基本となる単語に使ってみて、場所を柔軟に育てるということをやってみたいと思います。とりあえず、1時間数字、1時間カード、30分バイナリー、15分単語に耐えうる場所を作ります。なるはや。

 

②スタミナをつける

脳のスタミナと体のスタミナの両方を鍛えないといけないなと思いました。2日間ずっと集中状態にあるためには、もっとスタミナが大事です。特に、序盤の種目はスコアが良いのですが、後半になるとボロボロになってきています。世界大会はもっと長い種目があるので、スタミナが大事になってくると思います。まず、15分ナンバーや1時間カードなど、長い種目を練習に多めに取り入れます。そして、体も鍛えます。ばきばき。

 

③数字のシステムを変える

変えます。ずっと避け続けていた3桁ワンイメージ法を取り入れたいと思います。000から999までの変換を用意しておくアレです。ヨーロッパ選手が基本で使っている記憶術です。正直僕はシステム論者ではないので、どのシステムでも良い記録は出せると思っているのですが、今のPAOOが少しイメージが重くなりがちだと気付いてきたので、1回リフレッシュも兼ねてシステムを変えてみたいと思います。トランプの2カードシステムは同時にやると大変すぎるので、とりあえず数字だけ。今まで日本人は3桁ワンイメージ難しいと思っていましたが、自分でまずやってみないと分からないので、やってみます。昨日の夜から変換表を作り始めたのですが、予想以上に大変です。頑張ります。

東京フレンドリー(3週間後)でお披露目できるように至急準備します。最優先。経過は適宜報告します。

 

 

この3つを中心に変えて行って、成長したいと思います!世界大会で、他の選手の脅威となれるように頑張ります!

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です